ごあいさつ

のたびはHPにご訪問いただき、ありがとうございます。

中国茶・台湾茶のぷちサロン「Cha★Cha★La」でございます。

Cha★Cha★Laとは ”茶★茶★楽”を意味し、中国茶をもっと身近に楽しんでいただき、ほっこりとしたひとときを共有したい想いから、プライベートサロンをはじめました。

緑茶や紅茶のルーツである奥深い中国茶の世界を、その魅力とともにお伝えできれば・・・と思っています。

本場 中国で学んだ豊かな中国茶、台湾茶の世界をお伝えします。

 

 以下のいずれかにあてはまる方に、とくに喜んでいただいております。


・普段忙しくされていて、心身共にリラックスしたい人

・中国茶に興味を持っていて、美味しく淹れてみたい人

・これから中国茶を勉強したい、将来的に資格をとってみたいと思っている人
など

茶席・茶芸


中国茶・台湾茶についてはこちら

イベント・セミナー情報


イベント・セミナー情報はこちら

茶葉へのこだわり


茶葉へのこだわりについてはこちら


ブログ

TAMA市民塾・・第4回目

 

4月からスタートしたTAMA市民塾の講座も、はや4回目! いよいよ折り返しです。

 

今回は、台湾独自で品種改良をしたり、新たに発見した品種についてのお話と、台湾オリジナル品種2種の試飲をしていただきました。

 

また、にほんの急須にあたる中国の「茶壺」について、実際に手に触れたり、お湯をかけたりしながら、その特徴と選び方のコツ、買い物スポットなどをお話しさせていただきました。

 

毎度ながら、熱心に聞いてくださる受講者の皆さんのまなざしに励まされ、頑張ってこれています!

また来月、皆さんの笑顔に出会えるよう、パワポ製作に励みます~

 

続きを読む 0 コメント

あじさいまつり @ 高幡不動尊

プライベートレッスンに通ってくださっているMさんが、高幡不動尊(日野市)のあじさいまつり期間中、薄茶接待をされているということなので、お邪魔してきました。

 

日野で暮らして25年、あじさいまつりに訪れたのは今回がはじめて!

こういった機会でもないと、なかなか来ないものです.....

5月の中頃から咲き始めたあじさいは、大半が盛りを過ぎ、散り際の美しい風情を堪能することができました。

 

Mさんは、日本茶道、華道を長らく経験されているので、着物姿も板についたもの!

高幡不動尊所蔵の唯一のあじさいの器に、手ずから薄茶を点ててくださいました♡

茶道の奥ゆかしく、凛とした所作を目の当たりにして、刺激を受けたり、反省をしたり・・・

今一度、原点に立ち返って”魅せる”淹れ方にも気を配ろうと心に決めたのでした。

 

あじさいまつりは今月末までです。圧巻ですので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

http://shinsenhino.com/archives/info/190517101440.php

0 コメント

2019台湾春茶の最前線セミナーに参加して

台湾高山の春茶が日本に出回る毎年この時期、経堂の茶泉さんで、”烏龍茶職人”こと浦山尚弥さんのセミナーが開催されます。

 

この春も、4月から5月にかけて台湾に籠り、素晴らしくおいしいお茶を持ち帰ってくださいました🎵🎵

 

台湾中南部茶区の今年の春茶の品質、生産量、気候状況、製茶状況などを詳細に説明し、後半には、台湾茶業の流通ルートやそれぞれの役割など、消費者の立場からは分かりにくい舞台裏のおはなしをしてくださいました。

 

合間合間には、この春出来立ての、

 

阿里山油車寮茶

玉山塔塔加高山茶

龍果韻冷茶

梨山碧緑茶

 

を浦山さん手ずから淹れてくださる、口福~~

天候に恵まれなかったこの春の、苦労の賜物のお茶の味は格別に美味でした~

 

続きを読む 0 コメント

今日のプライベートサロン

今日のプライベートサロンでは、GWに檜原村で茶作りをしてきた緑茶・烏龍茶・紅茶を~

 

お茶作りの過程を、ipadに落とし込んだ写真を見ていただきながら説明し、発酵の程度や品種適性については、実際に飲んで感じ取っていただきました。

 

スイーツは、試行錯誤しながら作ってみた"タピオカ甘酒ミルク"☆☆

 

「冷凍庫に入れたまま放置してある甘酒でさっそく作ってみるワ♪」とのお言葉に思わずニンマリ (*^^)v

0 コメント

お茶つくり体験 @檜原村

連休の後半は、東京の最西端に位置する檜原村へお茶作り体験に行ってきました🌱🍵

 

初日は、惜しくも八十八夜🎵ならず八十九夜の茶摘みと緑茶作り〜

2日目は、一晩寝かせて発酵させた茶葉で烏龍茶紅茶作りを〜

 

茶畑は標高600m、好天に恵まれ、茶作りには絶好のコンディションに加え、無農薬・無肥料で丹精込めて育ててくださった茶樹は、自然生態そのままに生命力に満ち溢れている

 

緑茶は、中国の炒青緑茶と同じように、殺青から乾燥まで釜炒りで仕上げ、翌日は一晩寝かせて萎凋した茶葉を同じように釜一つで烏龍茶と紅茶をつくる。烏龍茶の晒青や揺青の工程を省いたり、紅茶の乾燥を釜で仕上げたりと、ダイナミック!?な製法ではあったものの、売り物ではなく自分たちが美味しく飲めればそれでよし!のコンセプトのもと、参加者全員、とても楽しんで製茶に向き合っていました♬

 

出来上がったお茶を、その土地の山の湧き水を汲んできて淹れて飲む口福〜😌

茶畑の近くには、洒落たカフェもあり、ランチタイムもまた口福〜💖

 

手作り茶葉3種は、5月の各講座で皆さんに飲んでいただく予定です😊

続きを読む 0 コメント